menu

「おいしい&かわいい」をウチで食べよう!

国際バラとガーデニングショウ2016に行ってきました。

2016/05/21 カテゴリー:EVENT タグ:, , ,
Pocket
LINEで送る

roseg_05

ガーデニング界の超有名人、吉谷桂子さんによる「マルメゾン城バラの庭」。

2016年5月13日~18日に開催されていた「国際バラとガーデニングショウ2016」に行ってきました。
今回は青山ガーデンさんの懸賞に当選するという超ミラクル!

お花とお庭の写真を撮るのを目的にしていましたが、とにかくすごい人でなかなか撮れない…。
ご婦人方のパワーってすごい!!
しかし、しっかりとバラの香りに癒されてきました~。

 

roseg_03

コンテストガーデン部門の大賞、atelier nanaさんの 『小屋とにわとりと青い空』

このバラとガーデニングショウの面白いところは、コンセプトに沿った展示があるところに加えて、コンテストでいろいろな企業や団体がお庭を作っているところです。

ひとつの場所で一気にたくさんのお庭を見ることができるのが醍醐味。
かわいい系、キレイ系、芸術度高い系など種類が豊富で見て回るのは本当に楽しいです。
足を棒にしながらついつい広いグラウンドをぐるぐると見て回ってしまいます。
そして、球場なのでスタンド席でお弁当を食べるのがまた楽しいです〜!

 

roseg_04

さながらローラン・ボーニッシュさんのアトリエ、Laurent.B Bouquetier

今回のコンセプトは「パリ」。
ナポレオン皇妃ジョセフィーヌが愛した庭やパリの小路をイメージしたお庭などがならびます。
その中にパリと関連の深い有名スイーツ店が3つ出店していました。
辻口博啓さん、鎧塚俊彦さん、青木定治さんのお店です。

どれも気になるお店だったのですが、そのなかで鎧塚さんと青木さんのお店でお買い物してみました。

 

roseg_01

Toshi Yoroizukaのスイーツ。色や形が上品なかわいさ。

鎧塚さんのスイーツは、木苺とローズウォーターのマシュマロ(?)「ギモーブ・ローズ」とこちらもローズウォーターを使用した焼き菓子「ガトーローズ プティ」。

「ギモーブ・ローズ」はしっとりふわふわとした柔らかい食感。フランボワーズの甘酸っぱい香りにローズの高貴な香りが感じられます。

「ガトーローズ プティ」はマドレーヌのようなお菓子ですが、ローズの香りで上品。食感もしっとりとしていてやさしく、直径3センチほどのかわいらしい大きさです。

両方とも食べたことのあるスイーツのはずなのに、ローズの香りや大きさ・形など少し違ったエッセンスで、さすがと言った感じです。

 

roseg_02

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのスイーツ。

青木さんのスイーツは、普段パンで作られているラスクを贅沢にマカロンでアレンジした「マカロン ラスク」。
カラフルなマカロンが見た目にもかわいい!

ラスクなのでほろほろと溶けるようなサクサクと軽い食感で、パンのラスクとはひと味違います。
しっかりとした甘さで1枚でも満足できる感じなのですが、食感の良さについつい手が伸びてしまいます。

こちらもおいしかったです!

普段あまり出会う機会のないスイーツをいただけて、楽しいイベントとなりました。
また、来年も行きたいな〜。

 

スポンサーリンク

アーカイブ