menu

「おいしい&かわいい」をウチで食べよう!

おちょぼ口の小僧が目印・正田醤油のおちょぼ口バタマヨ正油

2015/09/07 カテゴリー:MEAL タグ:
Pocket
LINEで送る

ochobo_01

スーパーでも目立っていた、黄色のパッケージ。ゴシックのロゴが潔く主張してきます。

スーパーで「新商品」として並んでいるのを見かけ、バター醤油が好きなんで「痛いところ衝かれたな」と思い、即決購入しました。

ochobo_02

おちょぼ口が友達になりたそうにこっちを見ている。どうする?

こちらは現在ほっともっととコラボお弁当(地域限定)を販売中の老舗、群馬県の正田醤油(しょうだしょうゆ)の商品です。
正田醤油ではおちょぼ口シリーズで「だし正油」や「カレー風味の正油」を発売しているのですが、そのおちょぼ口の由来はこの小僧だけではないらしいです。それは・・・

ochobo_03

普通の黒蓋からプロフェッショナルなメカニック感が登場!驚いちゃうね。

一滴ずつ注げて液だれしない、このシステムが「おちょぼ口」らしいです。
確かに、使用した時、どばーっとこぼれてしまうのを心配したのですが、ポタリポタリと一滴ずつ出てくるので、失敗がありませんでした。すごいぜ、おちょぼ口!

ochobo_04

ほっかほかのじゃがいもに、とろりとした正油が浸みこんでゆくのが芸術的!

パッケージにあった、蒸した「じゃがいも」にかけてみることに。
バター&マヨネーズ&醤油ということで、もっとどろっとした液体を想像していたのですが、意外とさらさらしています。

お味は「これこれ~!」といった感じ。
マヨネーズ調味料が配合されているそうですが、マヨネーズの酸味というのは特に感じられず、バター醤油感が強いかも。
じゃがいもには、けっこうしっかりと浸みるくらいかけたほうがおいしいです。

お高いバターとお高い醤油という感じではなく、かなりフレンドリーな感じです。
素材に直接掛けるのもいいですが、隠し味的に使ってもおいしそうです。

↓↓↓正田醤油のおちょぼ口シリーズはこちら↓↓↓
[wc_row][wc_column size=”one-fourth” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”one-fourth”]

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”] [/wc_column][/wc_row]

Author Profile

AIKO

お笑いと刺しゅうが好きなただのくいしんぼうです。

●すきなもの:桃・梨・ぶどう

●ニガテなもの:香りの強いもの(ハーブ・パクチーなど)


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で